News

2021.04.10
お知らせ

新型コロナウイルス感染等の場合の受講方法について

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

令和34月9日

学生の皆さん

新型コロナウイルス感染等の場合の受講方法について

教務委員長 星野晴彦

学期中に新型コロナウイルスに感染又は濃厚接触者になるなどして登校禁止になった場合は、欠席扱い免除となります。次の表の状況に当てはまる場合は、下記の【感染等発生時の手順】に従って対応してください。

※スマートフォンをご利用の方は、横にスクロールしてご覧ください。

学生の状況等 登校禁止
①陽性と判定された場合 対象
②濃厚接触者と判定された場合 対象
③類似症状(発熱、咳、倦怠感、嗅覚・味覚異常等)による体調不良の場合 対象
④その他、感染が疑われる場合 保健所、相談センター等から自宅待機等の具体的な指示があり登校ができない場合は対象

・オンライン授業科目や対面授業科目で対面免除許可を受けている人も、登校禁止期間中は欠席扱い免除とします。ただし、登校禁止期間中でも無症状感染等で体調に問題がなければ、オンラインで自宅から対面授業を受けることができます。
・上の表に当てはまらない場合でも感染している可能性がある場合には、オンライン受講をお勧めします。


【感染等発生時の手順】
1.大学へ連絡すること

新型コロナウイルス感染症に感染または感染が疑われる症状(発熱、咳、倦怠感、嗅覚・味覚異常等)がある場合、感染者と濃厚接触していた場合などは、新型コロナウイルス感染症と診断されていなくても登校はせずに、大学指定の連絡フォームにその旨を連絡してください(授業担当教員への連絡は必要ありません。欠席扱い免除とします)。下記にアクセスしてください。

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSeLI-VLIzaaEHNfV91bST6dYO-C2zJ47sPD45pGPMY1CpMUXQ/viewform

2.授業の受講が可能な場合について
(1)オンライン受講の方法
・上の表に当てはまり、オンライン受講を希望する場合は、[新型コロナウイルス感染症に関する連絡フォーム]を提出すると、対応準備が整い次第オンライン受講が可能となります。なお準備の都合上、受講開始まで数日を要する場合があります。準備が整ったことはmanabaに掲示します。

・上の表には当てはまらないが感染の可能性がありオンライン受講を希望する場合は、教務課または教育支援課に「対面免除願」を提出してください。オンライン受講の準備が整ったことはmanabaに掲示します。対面免除の事情が止み登校を再開する際は、「対面免除終了届」を教務課または教育支援課に提出してください。


(2)実技・実験系科目等の受講方法
・実技・実験系科目等でオンライン受講に馴染まないと授業担当教員が判断した場合は、補講やオンデマンド教材の視聴など別の方法での受講を指示します。

3.回復後の手続き
回復後に登校が許可されるようになってから、教務課または教育支援課に本学所定の欠席扱い免除願を提出してください。書式は3キャンパス共通の申請フォームを設定する予定です

感染が疑われる症状の場合、診断書などの証明書がなくても、上記1の連絡フォームにその旨を連絡していれば証明となります。

4.その他留意事項
【事前準備】
・突然のオンライン受講に備えて自宅の通信環境を整えておいてください。

【匿名性の保持】
・教員は皆さんに関する情報を、他の受講者には勿論、一切漏洩することはありません。安心して授業に参加してください。
・オンライン受講を他の受講者に知られたくない場合は、Zoomの名前を匿名にし、教員にプライベートチャットで学籍番号と氏名を伝えてください。もちろんカメラオフで参加できます。ただし語学やゼミナールなど比較的少人数の科目で匿名受講すると、却って不自然で理由を詮索されるおそれもあります。どの科目を匿名受講するかはよく考えて判断してください。
・授業規模等により匿名でも個人特定されてしまうことが不安な場合は、録画視聴による受講を希望すると教員に申し出てください。

【欠席扱い免除について】
・従来からある制度です。法定感染症罹患のほか忌引き、公的行事への参加などやむを得ない事情のために授業を欠席する場合に適用されます。教務課または教育支援課に「欠席扱い免除願」を提出し、医師の診断書など証拠となる書類を添えることで免除になります。
・コロナ対応では、感染疑いや濃厚接触でも免除されるため、医師の証明書を添える必要はありません。なお、欠席扱い免除は、欠席が授業実時数の3分の1以上になったときに考慮されます。

【対面免除について】
・コロナ対応のために新たに設けられた制度です。学生本人または家族にコロナを重症化させる基礎疾患がある場合などに「対面免除願」を提出し、学部教務委員会が審査のうえ許可すると、対面授業をオンライン受講することができます。

以上

その他の最新のお知らせ